エイムプランニングの求人担当【栄海(えみ)】です。

今回、皆さんにお届けするテーマは基本プレイである「指入れ」(手マン)についてです。

指入れというプレイが、あまり好きじゃない・・・というキャストの方は多いと思います。

“まだ濡れいてもいないのに、指入れをしたがる”

“AVのように、ただただ激しく手マンをしてくる”

といったお客様が、少なからずいるからでしょうか。

女性経験が少ない男性に限って、このような方が多い気がします。

今回は、そんな残念な指入れをされないようにするコツをご紹介します。

会話から、女性経験を予測

まず、お客様と話をしている時に女性経験の有無を確認しましょう。

「モテそうなのに、彼女とか作らないんですかぁ?」といった感じで探りをいれます。

※お客様が不快にならないように話を進めること

話を進めているうちに、お客様の女性経験が浮き彫りになります。

○彼女ができない or 彼女ができたことがない

○たまたま、今は彼女がいない

という二点に分かれると思います。

ここで、残念な指入れをするかしないかを予想できるというわけです。

○彼女ができない or 彼女ができたことがない

このようなお客様の場合には、残念な指入れの可能性が高まります。

なので、自分の一番感じるところ(性感帯)は“おっぱい”だということを伝える努力をしましょう。

それでも、指入れをしたがる場合には他のプレイへと誘導するようにします。

お客様の心を傷つけることのないように、注意が必要です。

○たまたま、今は彼女がいない

このようなお客様の場合には、指入れを最初は受け入れつつも

感じたことを正直に伝えましょう。

「まだ、濡れていないみたい・・・」

「責めている方が、興奮するの・・・」

などと言って、指入れをやんわり断ることも時には必要です。

体を大切にできるのは、誰?

「気持ちいい」

「痛い」

と、感じることができるのは自分だけです。

また、今後の仕事への影響を考えると無理は禁物です。

自分の体を大切にしましょう。

最後に・・・

爪の長いお客様には、注意が必要です。

必ず爪をチェックしましょう!!