皆さん、こんにちは。

エイムプランニングの求人担当【栄海(えみ)】です。

今回、皆さんにお届けするテーマは

“人気嬢になるためには、どうしたらいいのか?”です。

前回は、「連絡先教えてよ!」というお客さんの

無理なお願いに、どう対処すべきなのかをお送りいたしました。

 

今回は、お客さんに

「本番しようよ。」というお願いの対処の仕方を

ご紹介したいと思います。

「本番しようよ!」パターンその1

このような、無理なお願いにはこのように答えましょう。

 

お客さん   「本番しようよ!」

キャストさん  「お店に禁止されているの」

お客さん  「お店に内緒にしてれば大丈夫だよ!」

キャストさん  「本番ができるって噂がまわって、罰金を払わされたキャストさんがいるんだよね・・・」

「私、罰金払えないよ・・・(しょんぼり)」

※このくらい、“本番という行為には罪がある”ということを

お客さんの頭にたたみこみましょう。

 

「本番しようよ!」パターンその2

お客さん  「本番しようよ!」

キャストさん  「無理だよ~。病気とかになったら怖いし」

お客さん  「俺、病気じゃないよ!本番しようよ!」

キャストさん  「付き合ってない人とは、したくないんだよね」

お客さん  「じゃあ、俺と付き合ってよ」

キャストさん  「ま、考えておく」 or 「好きになったらね」

※このように、話の内容をすり替えることでもOKです。

 

「困ったふり」も、有効

それでも、しつこく食い下がるお客さんの前では

困ったふりをして、顔を伏し目がちにして無言になりましょう。

これ以上、対応をしないことが大切です。

お客さんも、我に戻るかもしれません。

また、あまりにもしつこいお客さんの場合にはお店側に報告しましょう。

 

次回は、「店外しようよ!」のお願いの断り方をご紹介します。