皆さん、こんにちは。

エイムプランニングの求人担当【栄海(えみ)】です。

今回、皆さんにお届けするテーマは

“人気嬢になるためには、どうしたらいいのか?”です。

 

突然ですが、キャストの皆さん。

お客さんに誘われたことって、ありませんか?

 

「連絡先教えてよ!」

「本番しようよ!」

「店外しようよ!」

「付き合おうよ!」

などなど、お客さんは無理を承知でいろいろなことを

お願いしてきます。

そこで今回は、お客さんにお願いされて困ったときの

対処法をご紹介します。

 

「連絡先教えてよ!」

このような場合には、こう答えましょう。

 

「お店に禁止されているので、ごめんなさい。」

「これ、お店の携帯電話なの。」

「まだ、ちょっと早いかな・・・もう少し、仲良くなれたらね♡」

といった感じでOKです。

 

それでも、少し日が経ってから

連絡先を聞いてくるお客さんがいたとします。

何度も断るのは、少し気が引けてしまいますよね・・・・

そのような場合には、連絡先を紙に書いてもらいましょう。

 

「連絡したくなったときに、連絡するね♡」

「大事にとっておくね♡」

といった感じで、お客さんからの好意は受け取るようにします。

そうすることで、お客さんは“自分を受け入れてもらえた!”と思うのです。

「ダメ、絶対」

稼いでいるキャストさんは、このような困ったお願いを

上手に断るテクニックを持っています。

お客さんの“お願い=要求”をのんでしまうと

その後は、さらにエスカレートしたお客さんの要求を

のまないといけなくなってきてしまいます。

どんどんエスカレートするようになるので、

キャストさんにとってはマイナスにしかなりません。

断ることも、仕事のうちだと理解することが大切です。

 

次回は、「本番しようよ!」のお願いの断り方をご紹介します。