皆さん、こんにちは。

エイムプランニングの求人担当【栄海(えみ)】です。

今回、皆さんにお届けするテーマは

お客様からのクレームへの正しい対処法です。

「デリヘルの仕事で、クレームが入ったらどうしよう・・・」

「クレームが入らないようにするには、どうすればいいの!?」

といった疑問や不安を抱くキャストさんは、多いのではないでしょうか。

接客業にとって、クレームはつきものですよね。

ですが、キャストさんとしてはなるべくクレームとは無縁な接客を心掛けたいものです。

そこで今回はデリヘルの仕事をする上で、

クレームが入ってしまうポイントとクレームの対処法をまとめてみました♡

どんな時に、クレームが入るの?

○キャストさんの態度が悪かったとき

デリヘルのお仕事は、接客業です。

あまりにも、キャストさんの態度が悪い場合には

クレームが入ることがあります。

“返事をしない”

“会話をしない”

“オプションを頼んだのに、断られる”  など・・・

キャストさんの態度に問題がある場合には

クレームが入ります。

○時間にルーズ

派遣されるキャストさんが、指定された時刻に

仕事場に到着しないといった場合にも

クレームが入る可能性があります。

また、サービスの時間をキャストさんが間違えてしまい

お客様の思うようなサービスが受けられなかった時なども

クレームが入ります。

○金銭関係

キャストさんがお金の計算を間違えてしまい、

予定する金額よりも多く支払いを求めらた場合には

お客様よりクレームが入る可能性があります。

クレームの対処法

それぞれの店舗によって、

クレームの対処法のマニュアルが完備されていると思います。

ですが、まずキャストさんに非がある場合には

“謝罪”をすることが大切です。

また、次に大切な対処としては

お店に相談することが先決です。

キャストさんは、お客様に出来ることは限られています。

困った時に頼れるのが、在籍している店舗のスタッフなのです。

中には、理不尽なクレーマー体質なお客様もいます。

そんな時に対処してもらうためにも、

店舗スタッフの方とは連絡を密に取ることが必要ですよ。

気持ちのいいお仕事ができるように

店舗のスタッフは、あなたを支えます♡